細部までハイクオリティ!『Inateck MacBook Air13インチ ハードシェルケース』をレビュー!!

匠(@takumilog)です。

前回に引き続き、今回もドイツのパソコン周辺機器メーカー『Inateck』よりレビュー用に製品をご提供頂きましたので早速使ってみました。

前回の記事はコチラから

ふわふわ裏地がPCを保護!『Inateck 13.3インチ インナーケース』をレビュー!!

2015.11.22

SPONSORED LINK

『Inateck MacBook Air13インチ ハードシェルケース』

IMG_8699

Inateckは本当に包装がシンプル。

いや、下手にゴミが出なくてイイのだけれども。

カラーはブラックとホワイトの2色展開です。

IMG_8700

裏面には帯に説明が書かれています。

日本語がなくても絵が付いているから伝わりますね。

ていうか変な話、パチってはめるだけだもんね。

開封してみると。。

IMG_8701

はい!一切余計なものは入っていません!

IMG_8702

こちらがモニター側。

IMG_8703

こっちがキーボード側。

質感はマットな感じです。

ベンチレーション機能あり

IMG_8704

底面になる部分はMacが発熱しても放熱出来るようにベンチレーションスリット(通気孔)が入っています。

確かに長時間使ったり、負荷がかかる作業ばかりしているとMacって熱くなるよね。

コレ、以外と大事です。

がっちりした『滑り止め』

IMG_8705

個人的にこれがなかなか素晴らしいと思います。

というのも僕が普段使っているのはパワーサポートのエアージャケットなんですが、パワサポさんとってもハイクオリティなケースなのになぜか滑り止めだけがシールです。

IMG_6634
わかりやすくずらして貼ってますが、小さい黒丸がシールの滑り止めです。

まあパワサポのエアージャケットは滑り止めがない分、THULEの超タイトなエンベロープケースにもそのま入るっていう利点があるんですけどね。

逆についているとTHULEのケースには入りません。

驚愕の25年保証!『THULE MacBook Air用エンベロープケース』がかっこよすぎ!!

2015.08.01

パワーサポートのエアジャケットがMacBook Airにフィットしすぎてヤヴァイ。

2015.07.24

装着してみると。。

上からそっとかぶせて、パチンッと爪のところを押してはめ込んでいきます。

IMG_8700

こんな感じで、とても簡単です。

リンゴマークが浮かび上がる

IMG_8707

実はこれ、材質が半透明。

だから開いてリンゴマークが光ると

IMG_8710

こんなにかっこいいんです。

いやーMacの良さを生かしていますね。

素晴らしい。

キーボード側もパチンとはめて。。

IMG_8709

こちらもどちらか片側を引っ掛けて爪のところをパチンと押してやれば装着完了です。

IMG_8716

うーん、スリットがかっこいい。

そして滑り止めがしっかり効いていて動かなくていいです。

滑り止めないと意外と動くよー。

スロットル、コネクタ部分は大きめカット

IMG_8712IMG_8711

これだけ大きくカットしてあるので大きめのイヤホンジャックでも干渉しません。

でも爪がしっかり抑えてくれているのでガッチリくっついています。

iPhoneケースとかもそうだけどあんまりタイトに作ってあるとイヤホンジャックや社外の充電コネクタが刺さらないことあるんだよね。

大きくて損はないです。

まとめ

滑り止めがかなりガッツリしていて全然動きません。

素晴らしい。

結構文字を打っている時に腕が当たって押しちゃうんだよね。

作りもかなり精巧にできているので完全ピッタリフィットで取れることもまずありません。

IMG_8714IMG_8713

Inateckはこういう細部にクオリティの高さが見えますね。

この価格でこのクオリティはかなりコスパいいと思います。

Macbookのケースに迷ったらとりあえずこれを選んでおけば間違いないですね。

ちなみにAirだけじゃなくMacbookPro、Macbook12インチ用もありますよ!

SPONSORED LINK